【公式】ナローゲージショップブログ

主にPECO製品の使い方とオリジナルレイアウトベースの製作手順、海外通販の方法も紹介します

鉱山鉄道や産業用軌道などのミニパイクにブッシュ(BUSCH)を選ぶ4つの理由

2018年1月17日加筆・修正

鉱山鉄道や産業用軌道などのミニパイクにブッシュ(BUSCH)を選ぶ4つの理由

ブッシュ(BUSCH)とは?

ブッシュ(BUSCH)はドイツの模型メーカーで、縮尺1/87ですがレール幅は6.5mmを走るHOスケールのナローゲージを製品化しています。それらは"HOi"、”HOf”と呼ばれ、2フィート前後の”鉱山鉄道”などを模型化した製品です。ここではその魅力と楽しみ方に迫ります。

その①小型パイクで楽しめる

まずはなんといっても小型で軽量です。卓上サイズの小さいレイアウトでも充分に楽しめます。ハンドレイでレールを敷設すれば極小レイアウトも可能です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170423110329j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170423132551j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170423110358j:plain

これはBUSCHのディーゼル機関車(12113)ですが、全長は約35mm、幅は約15mm、高さは約25mmほどです。そして画像の通り重さは10g。いかに小さくて軽いかがおわかりいただけると思います。

その②強力な磁石の力

そんなに軽いと集電が不安定になるんじゃ・・・。そう思う方も多いと思います。しかしここにBUSCH最大の秘密があります!BUSCHの車両には磁石、レールには金属板(メタルプレート)が取り付けられていて、磁力で密着を高めて安定した走行が可能になっています。

f:id:narrow-gauge-shop:20170423111420j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170423111431j:plain

レール幅が6.5mmということでPECOのZゲージのフレキシブルレールを使用する方も多いと思いますが、その場合はレールの下に金属板などを敷いて磁石が効くようにした方が走行が安定します

その③様々なレイアウトパターンが可能

磁石の力で密着を高めるということはレール配置に高低差をつけても問題ないということです。鉱山鉄道は地下に潜っていきます。再現するとなるとどうしても高低差のあるレイアウトになります。それを磁石の力が実現させてくれるのです。

f:id:narrow-gauge-shop:20170423112346j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170423112357j:plain

極端な例ですがこんなこともできます(笑)。※注意:画像を反転させてるわけではありません。垂直にしても逆さまにしても問題なし!通常ではありえないようなレイアウトも可能です。遊園地のコースターなんて面白いかもしれません。

その④超スロー運転

これをメリットと捉えるかデメリットだと思うかは人それぞれですが、BUSCHのHOf動力車はスピード調節ができません。ジージー鳴りながらてゆっくりと走ります。専用コントローラーにも進むか止まるかしかありません。これが実にかわいいのです。

注意点

ブッシュの車両の許容電圧は3Vまでです。一般的なパワーパックを使用すると過電圧になりモーターを損傷させる恐れがあります。しかし3Vということは単三電池2本で簡単に自作の電源を作ることができるというメリットでもあります。

ブッシュ(BUSCH)の商品情報&入荷情報

まとめ

いかがですか。基本的な部分だけではありますがBUSCHの魅力は伝わったでしょうか。1/87ということでストラクチャーなどもHOのものを流用できますし、小型の卓上レイアウトを作るにもちょうど良いと思います。当店では動力車、貨車、ストラクチャー、シーナリー用品を扱っておりますので、興味がある方は一度ご覧ください。

あわせて読みたい記事