鉄道模型のナローゲージショップブログ

商品の使い方と工作、海外通販の手引き

はんだするだけ!簡単にできるコスミックの自作パワーパックキットの組み立て方法

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

当店のレイアウトベースに使用しているコスミックさんのパワーパック。電池式やAC/DC電源式があり、スロー運転も抜群に効く便利な商品です。

ここでは、そのコスミックさんの"パワーパック組み立てキット"の紹介と組み立て方法を解説します。ケース以外は全て揃っているのでパーツをはんだするだけ。工夫次第でオリジナルのパワーパックを作れます。

はんだするだけ!簡単にできるコスミックの自作パワーパックキットの組み立て方法

パワーパック組み立てキットの紹介と基本事項

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

まずはキット内容の紹介です。ケース以外の必要な材料は全て揃っているので、自分で用意するのははんだコテとはんだのみです。

組み立てキットの紹介

同梱パーツは以下の通りです。(画像右の左上から)

  • プリント基板
  • 2P端子
  • 赤黒平行線
  • 青白平行線
  • 10色平行線
  • M3ネジとM3ナット
  • 抵抗 (R1) 3.3KΩ/0.25W
  • 抵抗 (R2) 100Ω/0.25W
  • ダイオード (1A)
  • 緑色LED (砲弾型)
  • パワートランジスタ
  • 放熱板
  • リセッタブルヒューズ (0.5A)
  • ツマミ
  • DCジャック
  • ボリューム
  • トグルスイッチ (ON-OFF-ON)
組み立ての基本事項

組み立てる前に基本的な注意事項の確認です。

  • プリント基板にはんだ付けする部品は、必ず指定の取り付け穴を通し、銅箔面で折り曲げて1mm~3mm程度にカットする。
  • 極性のあるパーツ(トランジスタ、ダイオード、LED)は、必ず指定の方向に取り付ける。
  • リード線は必要な長さにカットしたあと、両端を2mm~5mm程度皮むきし、芯線をよじって予備ハンダをしてからはんだ付けする。
  • ペーストは絶対に使用しない。

組み立て順序

実際に組み立てます。はんだのしやすさも重要なので、順番は必ず守ってください。

①ヒューズ・ダイオード・抵抗・LEDの取り付け

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

リセッタブルヒューズの取り付け

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

ダイオードの取り付け

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

ダイオードは取り付ける向きがあるので注意してください。端がグレーになっている方を、基盤のシンボルマークに合わせて取り付けてください。

抵抗(R1/R2)の取り付け

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

LEDの取り付け

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

ダイオード同様、LEDにも向きがあります。短い足側を基盤のシンボルマークに合わせて取り付けてください。また高さはお好みで決めてください。

②トグルスイッチの取り付け
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

トグルスイッチは真っ直ぐに取り付けるように注意してください。

③トランジスタと放熱板の取り付け 
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

トランジスタを放熱板にネジ止めしてから、方向に注意して基盤に取り付けます。

④DCジャックの取り付け
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

赤黒平行線をお好みの長さにカットして、DCジャックを取り付けます。右上の画像で示しているように、ジャックのセンターピンが(+)で外周ピンが(-)です。

⑤ボリューム(速度調節)の取り付け
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

10色平行線をばらし、お好みの長さにカットして取り付けます。短すぎるとはんだしづらいので、多少余裕をもってカットしましょう。

⑥2P端子の取り付け
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

青白平行線を好みの長さにカットして取り付けます。

⑦ボリュームにツマミを差し込み完成

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

最後にボリュームにツマミを差し込んだら完成です。

レイアウトベースを使って動作確認

コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方

通常はコスミックさんの埋め込み型電池式パワーパックを使用していますが、取り付け前のレイアウトベースで動作確認をします。

用意するもの
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
  • ACアダプター

ACアダプターなしの組み立てキットを購入した方は、ご自身で用意してください。ただし、DC12V以上のものは使用しないでください。

動作確認の手順と確認動画
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
コスミックの自作パワーパックキットの組み立て方
  1. プリント基板や部品同士が接触していないか確認する。
  2. トグルスイッチをOFF(真ん中)にし、ボリュームを反時計方向に回しておく。
  3. レールからのフィーダー線を2P端子に接続し、DCジャックとACアダプターを接続する。
  4. トグルスイッチをONにしてボリュームを回し、車両の速度が変わるか確認する。
  5. トグルスイッチの切り替えで、進行方向が変わるか確認する。


コスミックの自作パワーパックキットの動作確認

空箱や空き缶を使ってオリジナルパワーパックに!

f:id:narrow-gauge-shop:20180908130044j:plain

お好きなケースを用意すればオリジナルパワーパックができます。小型のプリント基板なのでアイディア次第で、様々な空箱に組み込めます。

ここでは組み立て方法を解説したので基盤が剥きだしですが、実際に使用する際には必ずケースに入れてください。ショートや故障の原因になります。

また後日、空箱を利用したオリジナルパワーパックの作り方を追記する予定です。

この記事で紹介した商品

以下のリンクよりJoshin Webショップの商品ページへ移動します。

あわせて読みたい記事