鉄道模型 輸入と工作のブログ

商品のスペックや使い方を分かり易く解説しています

引き抜きレールをハンドスパイクする手順と6つのポイント

2018年5月1日加筆・修正

f:id:narrow-gauge-shop:20171114134346j:plain

レイアウト制作で使用するレールは3種類あります。

  1. 道床付きレール
  2. フレキシブルレール
  3. 引き抜きレール

敷設の難易度は1 < 2 < 3ですが、大変な分だけ実感的に仕上がります。まずは道床付きレールから始まり、フレキに慣れてきたら引き抜きレールを使ったハンドスパイクにも挑戦したくなります。この記事では、初めてハンドスパイクに挑戦する方のために敷設のコツと必要な材料をご紹介します。

引き抜きレールをハンドスパイクする手順と6つのポイント

今回使った材料 (当店商品ページへのリンク付き)

f:id:narrow-gauge-shop:20171114143203j:plain

お客様よりいただいたご要望なので基本仕様はレイアウトベースです。以下の商品名は当店商品ページへのリンク付きです。

マイクロエンジニアリング 引き抜きレール コード40

f:id:narrow-gauge-shop:20171114140345j:plain

今回はお客様のご希望がコード40でしたが、普段はコード55か70を使います。というのもコード40はレールの高さがわずか1.02mmしかないので、犬釘(マイクロスパイク)がフランジに干渉する可能性が高いからです。HOナローの市販車両は車輪を交換しなければまずスムーズに走らないでしょう。バラスト撒きもかなりシビアになりますので、初めて引き抜きレールを使う方にはコード70か83をおすすめします。

参考までにコード別の比較についての記事もご覧ください。コード40と55と80を車両を載せて比較しています。

 PECO Nゲージ レールの比較 ~コード別の図解~

ファストトラックス HOn30 木枕木
f:id:narrow-gauge-shop:20171114144832j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114145009j:plain

引き抜きレールを使う場合は枕木を別に用意する必要があります。ホームセンターなどで木材を買ってきてカットしても良いですが、ファストトラックスはゲージ毎の木枕木を販売しているので手間が省けます。当店でもN、HO、HOn3、HOn30、On30用の枕木を取り扱っています。

枕木着色のタイミングはそれぞれお好みですが、私は先に墨液を使って染めています。ワイヤーブラシで木目を強調して、希釈した墨液プールにしばらく浸けるだけで簡単に右の画像のように染まります。詳しくは別記事にて解説しています。

バスウッドの枕木を染める方法 ~ノースイースタンおよびファストトラック木枕木

マイクロエンジニアリング マイクロスパイク

f:id:narrow-gauge-shop:20171114150157j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171114151256j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114151528j:plain

引き抜きレールを枕木に留めるのに使う犬釘です。長さが約4.7mmと非常に小さいので紛失に注意です。またかなり個体差もあるのでスパイクする前に必ず確認するようにしてください。

マイクロエンジニアリング コード40用 金属ジョイナー

f:id:narrow-gauge-shop:20171114151701j:plain

レールの接続は金属ジョイナーを使います。ハンダで接続する手法もありますが、私はフィーダー線をジョイナーの裏側に付けて目立たないように隠したいのでいつもジョイナーを使っています。

マイクロエンジニアリング N コード40用 トラックゲージ
f:id:narrow-gauge-shop:20171114152301j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114152451j:plain

レール幅がずれないようにするための治具です。定規を当てながらでもできますが、これをレールに挟みながらやる方が圧倒的に簡単なのでおすすめです。

道床を切り出す

f:id:narrow-gauge-shop:20171114153931j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114153950j:plain

道床付きの要望だったので2mmコルクをカットして道床を作りました。幅は約3mmです。他の記事でも紹介したことがありますが、レールの半径をけがく時や曲線をカットする時に便利なグッズを紹介しておきます。

f:id:narrow-gauge-shop:20171114154539j:plain

"Uzumaru +"という名前で最大110°まで対応しています。卓上レイアウトや極小レイアウトを作る時にはかなり重宝します。

枕木の接着

f:id:narrow-gauge-shop:20171114154757j:plain

道床を接着したら枕木の位置をけがいておきます。今回は半径が110mmになるように枕木の位置を決めました。枕木の接着にはお好みでどれを使っても良いと思いますが、私は乾くまでに多少修正が効くように木工ボンドを使っています。

f:id:narrow-gauge-shop:20171114155329j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114155313j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114155353j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114155406j:plain

A3サイズのベースに半径110mmのレイアウトで使った枕木は93本でした。枕木の間隔によっては多少前後すると思いますが、今回はHOナローで間隔をやや広めにしたいというご要望があったので枕木間隔は7mm~9mmくらいにしました。

レールをハンドスパイクで留める

f:id:narrow-gauge-shop:20171114160254j:plain

いよいよハンドスパイクしていきます。まずは犬釘を差し込む前にピンバイスで先行穴をあけますが、これをやっておくと作業効率が全然違います。先行穴は大きすぎると犬釘がゆるゆるになってしまうので、犬釘よりも細いサイズのドリルビットを使ってください。

ハンドスパイクの手順

①先行穴をあける

f:id:narrow-gauge-shop:20171114161629j:plain

②マイクロスパイクを差し込む

f:id:narrow-gauge-shop:20171114161657j:plain

③マイクロスパイクを押し込む

f:id:narrow-gauge-shop:20171114161723j:plain

☆ポイント☆

f:id:narrow-gauge-shop:20171114163150j:plain

  • 先行穴は垂直にあけない!ハの字を逆さまにしたようなイメージで斜めに!

f:id:narrow-gauge-shop:20171114163416j:plain

  • マイクロスパイクはニッパーで掴んで差し込む!押し込む時もニッパーの刃の先っぽでやるとやりやすい。(ピンセットは意外とやりづらい)
スパイクは内側と外側の両方から

f:id:narrow-gauge-shop:20171114164520j:plain

スパイクは必ず内側と外側に差し込みます。差し込む位置も並べるのではなく、内と外でずらして差し込みます。全ての枕木に差し込むのが理想ですが、それはかなり大変なので私は基本的には3本感覚くらいで差し込んでいます。カーブなど負荷がかかりやすい場所には間隔を狭くしたり臨機応変に対応しています。

レールのカットと接続

f:id:narrow-gauge-shop:20171114171318j:plain

1本では足りないので画像の位置でカットしてレールを足します。カットにはレールニッパーを使いますが、使い方は別記事にて詳しく解説していますので良かったら参考にしてください。

フレキシブルレールの切断方法 5つのコツ ~レールニッパーの使い方~

f:id:narrow-gauge-shop:20171114172058j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114172113j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171114172142j:plain

足りないレールを接続して、内側レールが開通しました。2箇所に金属ジョイナーを使っていますが、真上から見た場合にはあまり目立たないと思います。

f:id:narrow-gauge-shop:20171114172428j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114172450j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114172439j:plain

外側レールの敷設

f:id:narrow-gauge-shop:20171114173722j:plain

外側レールも同じ要領でスパイクしていきますが、スパイクする枕木は必ず内側レールと合わせてください。くれぐれも片方だけにしかスパイクしてないということがないように。

ハンドスパイクの要領は同じですが、今度はレール幅(軌間)を意識して留めていかなければなりません。今回はHOナローなのでレール幅は9mmです。ここで冒頭で説明したトラックゲージを使っていきます。

トラックゲージと貨車の下回りを使う
f:id:narrow-gauge-shop:20171114172817j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114173355j:plain

外側レールをスパイクしていく時は、トラックゲージを使って位置を決めていきます。トラックゲージの溝をレールにはめてすべらせていけばレール幅は9mmになります。トラックゲージを使って留めていけばそうそうずれないと思いますが、私はある程度スパイクしたら貨車の下回りを試走させて脱線しないか確認します。

f:id:narrow-gauge-shop:20171114174750j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171114174835j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114174844j:plain

レール上面を磨いて完成

f:id:narrow-gauge-shop:20171114175946j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20171114180054j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114180101j:plain

敷き終えたら最後にレール上面をレールクリーナーか紙やすりなどで磨きます。この作業は引き抜きレールがウェザード仕様でなければ必要ありません。ウェザード仕様の場合にこの作業を怠ると通電不良を起こしますので忘れずにやってください。

さいごに

f:id:narrow-gauge-shop:20171114184441j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20171114184447j:plain

PECOのHOナロー用フレキ(コード80)との比較です。手間はかかりますが、枕木を染めて引き抜きレールをハンドスパイクした方が実感的なのがわかると思います。最初から大きなレイアウトを作ろうとせずに、まずは卓上サイズから挑戦するのがおすすめです。先行穴のあけ方もスパイクの差し込み方も"慣れ"です。やっていくうちに感覚がわかってくるので、食わず嫌いをせずにぜひやってみてください。

☆おさらい☆
  • 最初はコード70かコード83を選ぶ
  • 先行穴は犬釘よりも細いドリルビットを使う
  • 逆ハの字を意識して斜めにあける
  • 犬釘はニッパーを使うと差し込みやすい
  • トラックゲージと貨車の下回りを使ってレール幅(軌間)を一定にする
  • ウェザードレールの場合はレール上面をよく磨く